FC2ブログ

びーずといくじ





アナと雪の女王 :: 2014/06/13(Fri)

久しぶりに映画に行きました。


6月7日(日)に中1のLと「アナと雪の女王」を観に行きました。

Rは以前友人と行き、Kは興味ないという事で(^^;

しかし、Lは相変わらず毎日忙しく午前は部活、午後は遊び(^^;
なので観たのは午後7時10分の回。

夜なのに結構観客は多く、小さな子供たちも多かったです。


そして話題の映画を鑑賞。

中学生はストーリーがいい!と言います。
大人は音楽がいいと言います。

私が感動したのは画だな。
見事でした。

シーンの中ではあの有名な、誰もが歌っている曲のシーンが一番良かったです。

吹奏楽部ではこの曲を演奏するそう。







久しぶりの映画、楽しかったです。

スポンサーサイト



  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

DVDいろいろ :: 2013/07/26(Fri)

最近は映画にも行けない我が家。


先週の三連休にDVD4本借りてきました。


レ・ミゼラブル
ホビット
おおかみこどもの雨と雪
ひみつのアッコちゃん



おおかみこどもの雨と雪

親目線で見てしまうので涙がでてきます。
噂通りの映画。
ジブリとはまたタイプが違う。
母として見習うところ多しでした^^;




ひみつのアッコちゃん

途中で寝てしまったのでよくわかりません^^;
綾瀬はるかはこの役によく合っていると思いました。






レ・ミゼラブル

ネット上どのサイトを見ても高評価のこの映画。

先に原作を読んではいけません。

私は小学校6年生の時に原作を読みました。
そして何十年ぶりかに再び子ども達と読みましたが、やはりその内容はすばらしかったです。

しかし、この大作をどうやって映画の中に収める?と疑問に思っていたのですが・・・やっぱりムリでしょ^^;

話の展開が速すぎだし、物語でかなり重要な場面もカットされていました。
感動する場面もカットカット。話の内容が変わっていたり(T_T)

しかしミュージカルなので娘のRが「今の歌で随分長いストーリーが説明されたよね。」と。

確かに^^; 歌一曲で本の数ページが進むのよ。



しかし原作を読んでなければミュージカルとしてはかなり良かったと思います。
歌もいいし、歌とシーンの掛け合わせがすばらしくそういった意味では感動する場面もありました。
壮大だしね。

また、少年ガブローシュが私やRが想像していたよりも小さくてかわいかったのも良い裏切りでした。


これは映画を見てから原作を読むべきだったと言うR。

感動は半減かな。

ミュージカルとして見なければ!




ホビット

こちらは原作を読んでいないので素直に楽しめました。
私はファンタジーが好きなので。
原作者の類まれな想像力を見て尊敬するのがすきなのです。
それは「ハリー・ポッター」でも「ナルニア・・」でも「スター・ウォーズ」でもそう。

ただ、原作では「ホビット」より「指輪物語」の方が人気があるというのもやや納得^^;

そして長い^^;

3時間かけてやっと1部が終わり。
今年第2部。
来年第3部が上映されるそう。

はっきり言って「レ・ミゼラブル」もその位長くかけて製作してほしかったです(←しつこい^^;)




原作も読みたくなってきました。

でもまずは「ナルニア・・・」と読もう。
ナルニアの全作品を読んだR。
世の中の本の中で一番好きだと言います。




ちなみに今日はTV「るろうに剣心」を見ました。
コレは佐藤健くんがカッコイイという映画だな。








テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ライアーゲーム 再生 :: 2012/04/07(Sat)

今日は子ども達3人と「ライアーゲーム REBORN再生」を観てきました。



ゲームの内容は「イスとりゲーム」

前回の「ザ・ファイナルステージ」より前半ちょっとモタついた感じがありましたが、後半は子ども達も前のめりになって観ていました。


この作品は大体その内容のパターンが決まっているので賛否評論あるようですが、私は毎回そのパターンを単純に楽しんでいます。


ゲームの回を追うごとの意外な結果はおもしろいし、必勝法はいつも見破れないし、裏の裏をかかれてしまうし。




今回はヒロイン役が多部未華子。

前回までのヒロイン役の戸田恵梨香はヤンキー、ギャル、毒舌、秀才、天才、普通と多彩な役ができる人ですが、「ライアーゲーム」では純粋で騙されやすい人という役柄。

多部ちゃんは普段から純粋、清純なイメージが強いので今回の役も合っているだろうな~と思っていたら意外にも戸田恵梨香の時よりもシタタカなイメージでした。

ここのシーン・・・戸田恵梨香演じるカンザキナオだったら「私は信じます!!」って純粋に叫ぶんだろうな~なんてRと話していました。

まぁ、脚本だけどね脚本。



松田翔太演じる元天才詐欺師、現大学教授の秋山さんもナオちゃんの時の方が守ってあげている感が強かったし。

でも今回もお見事でした!秋山先生!カッコイイぞ!!



Rは映画のつっ込みどころをいくつか言っていました。

なるほど、映画通の人のブログなんかを見ると同じ事を言っている・・・^^;



いろんな見方があるのね。

もちろんそんなRも喜んで観ていましたよ。↓

Rのブログ




そしてこの映画が好きな要素もう一つ・・・音楽。

サントラが欲しくなるほど。

でもね、これらの音楽はあのドラマのバックで流れるからいいんだよね~!!



もう一度DVDで観たいです。「REBORN 再生」。





テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

映画鑑賞、TV鑑賞 :: 2010/09/06(Mon)

今日は映画を観に行きました。


KとRと私は「トイ・ストーリー3」を、
Lと夫は「借りぐらしのアリエッティ」を観ました。


私はシネマイレージ会員で、すでに映画6本を観ていたので本日は無料で観ることに。
なのでネット予約をせずに行ったのですが、なんと席はほぼ満席。
3日後に映画は終了するのに!?

私達3人の席は前から2列目でした。(;_:)





映画は3D。
迫力もあり、感動シーンもあり。
人間の子どもの成長にもジーンときました。

なんだかもうおもちゃが捨てられないわ~。

そしてモチロン映像もすばらしかったです。


本編の前の短編映像「デイ・アンド・ナイト」もおもしろかったです。
その内容の発想がすごいと子ども達は絶賛していました。





帰宅後は毎週楽しみにしている大河ドラマ「龍馬伝」。
こちらも本日は迫力ある内容で、親子共々夢中に。(子はKのみ一緒に鑑賞。)



そしてその後はイモトのモンブラン登山が観たくて録画した「イッテQ」。
(最近は手越くんの出番が少ないのであまり観ていないのです。)

こちらでもまた感動してしまいました。手越くんも泣いていたよ。
イモトって本当にかっこいい。
珍獣ハンターのはずなのに最近は過酷なロケばかりで気の毒に思うのですが。
でもおもしろかったよ~。




鑑賞・感動三昧の一日でした。





テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

アリス・イン・ワンダーランド :: 2010/06/27(Sun)

映画「アリス・イン・ワンダーランド」を観てきました。



子ども達も楽しみにしていた映画です。


赤の女王がおもしろかったです。
ヘレナ・ボナム=カーター 、「チャーリーとチョコレート工場」ではやさしいお母さんだったのに・・・すばらしい役者さんですね。


白の女王のアン・ハサウェイも「プラダを着た悪魔」の時とは全然違っていました。(←当然だけどそういう所がおもしろいのです。)



この映画を見て・・・まずアリスが小さい頃の、本来の「アリス・イン・ワンダーランド」を見てみたいと思いました。ティム・バートン版で。

私は若い頃ディズニーのクラシック映画のビデオをいくつか集めていて、子ども達はその中の「不思議な国のアリス」も見ていたので予備知識があったわけです。
なので、映画もより楽しめたようです。

もちろんそんな予備知識がなくても楽しめるようなストーリーにはなっているのですが、やっぱり違うよね。
アリスの子どもの頃の記憶・・・と言われてもね。

Lはアニメあのキャラクターが実写になるとこうなるのか・・・と興味深かったようです。

Rは「鏡の国のアリス」も本で読んでいたので白の女王の存在も知っていたようです。(私は知りませんでした。)
本の中のキャラクターも映画に出てきていたようだし。



あ、でも「フック」もそうだよね。
年をとったピーター・パンが再びネバーランドに行く話。
こちらも予備知識がないとウェンディって誰?って感じじゃないのかな^_^;




最後のアブリルの曲はやっぱり良かったです。







テーマ:主婦の日常日記 - ジャンル:日記

  1. 映画
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ